トップ > バッグ・サイフ買取のコツ > 世界中で愛される「エルメス」の歴史

世界中で愛される「エルメス」の歴史

誰もが憧れる、そして誰もが知っているブランド「エルメス」ですが、みなさんは製品をお持ちですか?一つは持っておきたいところですが、難しいところがありますよね。エルメスは、いろいろなファッションジャンルを手掛けています。エルメスを知ることで、自分に合った製品に巡り合うことができるかもしれません。
ここでは、「エルメス」について詳しくご紹介したいと思います。

馬具からスタートしたエルメス

「エルメス」は、1837年にティエリー・エルメスが馬具工房を開いたことが始まりでした。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客に持ち、大きく発展していきました。
自動車などが登場したことで馬車の衰退を見越して、3代目のエミール・モーリス・エルメスはカバンや財布などの革製品や腕時計などの事業も展開していきました。
その後、1935年に女優でありモナコ王妃であったグレース・ケリーが愛用したことで名付けられた「ケリーバッグ」や、1984年に5代目のジャン・ルイ・デュマが航空機で偶然隣の席になった歌手のジェーン・バーキンにプレゼントしたバッグ「バーキン」など、世界中の女性から憧れるブランドになりました。

エルメスのロゴ

エルメスのロゴには馬と馬車、従者が描かれていますが、これは馬具工房が由来になっています。
馬=ブランド馬車=ブランドアイテム、従者=職人を意味しています。ここに描かれていない馬車の主人は購入したユーザーを指していて、「エルメスは職人が最高の品質のアイテムを作り出しますが、それを使いこなすのはお客様」というような意味が込められていると言われています。

エルメスといえば…

エルメスはいろいろな事業を展開していることで有名ですが、その中からいくつかをご紹介したいと思います。

○バーキン
エルメスの中でも革製品は最高級で人気もあります。特に人気があり有名なものは、やはりバッグ「バーキン」ではないでしょうか。サイズは25から45までの5種類があります。100万円以上のバッグが並び価格ばかりに注目が集まりますが、職人が妥協せずに作るバッグは長く愛用できます。

○スカーフ
1937年に誕生したスカーフ「カレ」はたくさんの色や種類があり、とても人気があります。エルメスのカレは、90cm×90cmの正方形のスカーフで、シルクの特性と優美なデザインを楽しめるように考え抜かれたサイズです。

○時計
1920年代にスイスの時計メーカーとコラボしたことから始まりました。当時は懐中時計が主流でしたが、鎖部分をブレスウォッチに発案しました。そこから革を使用したブレスウォッチを発表し、世界中でも愛されています。

まとめ

エルメスは価格が高く手にすることが難しい部分もありますが、作りは本物で長く愛用できます。何かのご褒美に手にしてみても良いかもしれません。

-バッグ・サイフ買取のコツ

  • aside_img01
  • aside_img02
  • aside_img03
  • aside_img04

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

お手持ちのブランド品を眠らせたままタンスの肥やしになっていませんか?
そのようなブランド品を人気買取店を上手に利用して少しでも高く買い取ってもらいましょう。

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

top_scroll