トップ > ブランド買取のコツ > 高級ブランド品の査定

高級ブランド品の査定

査定の種類

店頭査定・買取

今までで一番オーソドックスな方法でしたが、最近では宅配買取のなどのサービスの発展により、減ってきています。やはり直接持っていく手間や交通費を考えると、とても不便と感じてしまう人が多いかもしれません。

しかし、直接持っていき鑑定士さんと話したりすることで高価買取に繋がったり、安心な取引や値段交渉ができるチャンスが多いのはとても魅力的だと思います。

宅配査定・買取

申込→発送→査定→買取だけの簡単な方法です。

買取キットを取り寄せることによってダンボールなども準備する必要も無く、送料も買取業者が負担してくれる場合が多いので非常に人気の買取方法です。
メールなどで金額の連絡後、返信をしないと自動的に買取になってしまうケースもあるので注意が必要です。
キャンセルの場合の送料は自己負担になる場合もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

また梱包の際、運送中は揺れてしまうので、箱の中に隙間がある状態だと品物が動いてしまい、その拍子に荷物同士や商品同士がぶつかり、発送時にはなかった傷がついてしまうことがあります。新聞紙やプチプチなどを使用して商品が傷つかないようにしましょう。

出張査定・買取

大切で非常に高額なブランド品などを、宅配買取では不安という方も多いと思います。
確かに高額な商品ほど、段ボールに入れて発送ということが不安という方もたくさんいます。

その場合、出張査定に来てくれる買取業者にお願いしましょう。
以前は地域限定というお店が多かったのですが、買取業者によっては出張買取を全国展開でやっている業者も多いので、こうした業者を利用するといいでしょう。

しかし、出張買取の際に売る気のなかった貴金属を強引に安く買い取られたり、トラブルが多く発生しているのも事実ですので注意が必要です。

LINE査定・メール査定

最近始まったサービスがLINE査定です。

買取業者のLINEのアカウントを友達追加して、そのアカウントに写真を送るだけでだいたいの値段を教えてくれます。
「だいたいの値段が知りたい」「店舗まで行って査定だけは気まずい」などと思っている方は、このサービスをおすすめします。

査定不可のブランド

商標権違反のコピー品

さまざまなオークションや転売サイトなどの普及により、ブランド品を精巧に模倣したコピー品がたくさん出回っています。

買取業者では製造番号の有無や刻印の位置などに対して細心のチェックをしているので、コピー品である可能性が高いと判断されてしまうと、買取不可になってしまいます。

並行輸入品

並行輸入品にはコピー品が非常に多くあります。
そのため、並行輸入と申告すると買取不可になってしまうケースがあります。

買取業者では偽物と言ってはいけないルールがありますので、もし状態の良いブランド品に対して買取不可という査定結果の場合、コピー品の疑いがあると考えましょう。

ギャランティーカードがないアイテム品

プラダやクリスチャンディオール、シャネル、クロムハーツなどのブランド品を買取してもらう際には、ギャランティーカードを付けることで、買取業者への信頼が上がります。

買取業者の中には、ブランドはギャランティーカードが必要の業者もあるので、購入時に入っていた付属品は全て保管しておき、査定時に役立てましょう。

-ブランド買取のコツ

  • aside_img01
  • aside_img02
  • aside_img03
  • aside_img04

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

お手持ちのブランド品を眠らせたままタンスの肥やしになっていませんか?
そのようなブランド品を人気買取店を上手に利用して少しでも高く買い取ってもらいましょう。

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

top_scroll