トップ > ブランド買取のコツ > 手に入れる前に香水を知ろう!①

手に入れる前に香水を知ろう!①

みなさんは香水をお持ちですか?1つは持っているという方が多いと思います。香水にはたくさんのブランドがあり、形状・タイプ・匂いの種類などさまざまあります。よく、「コロン」や「パルファム」などと聞きますが、香水じゃないの?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
ここでは香水について詳しくご紹介し、自分に合った香水を見つけるお手伝いをしたいと思います。

香水は4つの種類がある

香水と一言でまとめられることが多いですが、香水は4つの種類に分けられます。その種類によって香りの濃度も違い、持続時間も異なります。

○パルファム
香水のなかで一番香りと濃度が濃いといわれています。濃度は15〜30%、持続時間は5〜7時間くらいです。種類はごくわずかで、ほとんど世間に出回っていません。

○オードパルファム
パルファムよりも濃度が薄いですが、しっかりと香りをまといたい方におすすめの種類です。濃度は7〜15%、持続時間は4〜6時間くらいです。

○オードトワレ
オードパルファムよりも軽やかな香り方をします。香水に慣れていない方におすすめの種類です。濃度は5〜10%、持続時間は3〜4時間くらいです。

○オーデコロン
4種類のなかで、一番濃度が薄くつけ心地も軽やかです。ほんのり香りをつけたいという方におすすめの種類です。濃度は2〜5%、持続時間は1〜2時間くらいです。

香りの系統で好みを知ろう!

香水にはベースとなる香りがあり、いくつかの系統に分けることができます。そのなかから、ここでは代表的な系統をご紹介します。

○フローラル系
花の香りをもとに作られていて、女性らしいかわいらしさを表現することができます。花でもさまざまな種類を組み合わせているものや、バラなど単独のものなど種類も豊富です。

○オリエンタル系
動物性の香りが効いた神秘的でセクシーな香りで、夜やパーティーのときなどにおすすめです。スパイスを使ったエキゾチックな香りやムスクなどの甘い香りもあります。

○シプレ系
柑橘系の香りをもとに樹木系の香りを加え、ぬくもりのある心地よい香りが特徴です。ハーブなどの香りを合わせたものや、花と革の香りを混ぜたものなどさまざまあります。

○フゼア系
ラベンダーやオークモスなどの香りをもとに作られていて、爽やかさとセクシーさを表現することができます。どちらかというとメンズ系の香水に多い香りです。

○シトラス系
レモンやライム、グレープフルーツなどの柑橘系の香りをもとに作られていて、フレッシュで爽やかなイメージを表現することができます。

まとめ

香水にはブランドだけではなく、タイプや匂いなど種類も豊富です。こんなにも種類があると、自分に合った香水と出会えそうですね。

-ブランド買取のコツ

  • aside_img01
  • aside_img02
  • aside_img03
  • aside_img04

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

お手持ちのブランド品を眠らせたままタンスの肥やしになっていませんか?
そのようなブランド品を人気買取店を上手に利用して少しでも高く買い取ってもらいましょう。

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

top_scroll