トップ > 時計買取のコツ > クォーツ式と機械式 それぞれのメリット・デメリット

時計買取のコツ クォーツ式と機械式 それぞれのメリット・デメリット

みなさん、腕時計はお持ちでしょうか。
腕時計には、クォーツ式と機械式の2種類あります。機械式はさらに手巻きと自動巻きに分けられます。今回はそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

クォーツ式

クォーツ式は電池と電子回路で針が動きます。日本の時計メーカー セイコーが1969年に世界で初めて市販クォーツ腕時計「アストロン」を販売し、それ以降このクォーツ式が作られるようになりました。代表的なものだとG-SHOCKがこのクォーツ式です。デジタル表示のものはこのクォーツ式です。

メリット
・機械式に比べると値段が安い
・腕から外しても電池が持つ限りは針が動いている
・時間の精度が高く、ずれにくい

デメリット
・機械式に比べると買取価格が安い傾向にある
・電子回路で動くため、寿命が10年程度

機械式

機械式はゼンマイで動く仕組みです。高級時計はこの機械式で動いているものが多くあります。そのうち、手巻きのものはゼンマイを自分で巻いて針を動かします。自動巻きのものは腕につけるとその腕の動きでゼンマイが巻かれ、針が動く仕組みです。

メリット
・きちんとメンテナンスをすると20年以上使用できる
・電池を使用していないため、取り換える必要がない
・価値が下がりにくい

デメリット
・自分でゼンマイを巻かないと2日ほどで針が止まってしまう
・クォーツ式に比べると時間のずれが大きく、1日に数秒誤差が出る
・クォーツ式よりも購入時の価格が高い
・衝撃に弱い

クォーツ式と機械式、どっちがいいの?

実用性で考えるのであれば、時間のずれが少なく耐久性に優れたクォーツ式がいいでしょう。電池が持つ限りは針(デジタルなら数字)が自動で動いているので、外してから期間があいても次に身に着けるときにはそのときの時間通り動いてくれます。
一方で、腕時計としての価値が高いのは機械式です。元々の販売価格が高価なこともあって、持っているだけでステータスだという方もいますし、仮に買取に出しても値段が下がりにくいです。また、クォーツ式と比べると手間はかかりますが寿命が長いため、その分愛着がわきやすいとも言えます。
一概にどちらがいいとは言えません。デザインの好みだったり好きなブランドだったり、人それぞれ好みがありますし、どちらにも良さがあります。クォーツ式が主流となっていますが、機械式も一度手に取って触ってみるとそれぞれの良さが見えてくると思います。

まとめ

クォーツ式と機械式について解説をしました。それぞれにメリット・デメリットがあるため、使い分けてみるのも面白いかもしれません。腕時計販売店で違いを見ているうちに、もしかするとお気に入りが見つかるかもしれませんね。

-時計買取のコツ

  • aside_img01
  • aside_img02
  • aside_img03
  • aside_img04

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

お手持ちのブランド品を眠らせたままタンスの肥やしになっていませんか?
そのようなブランド品を人気買取店を上手に利用して少しでも高く買い取ってもらいましょう。

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

top_scroll