トップ > バッグ・サイフ買取のコツ > キャリーバッグの買取事情

キャリーバッグの買取事情

旅行や仕事で使っていたけど使わなくなってしまった、そんなキャリーバッグを眠っていませんか?大きく処分にも困っている方も多いかと思います。そんなキャリーバッグを買取に出してみませんか。
今回はキャリーバッグの買取についてご紹介していきます。

キャリーバッグの特徴

キャリーバッグはそのままの意味で、「carry=運ぶ」と「case=入れ物」
荷物を運ぶときに使うカバンのことを言います。

高く売れるブランドは?

〇LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
今では知らない人はいないというほどの「ルイ・ヴィトン」。ヴィトンは有名なブランドなのでとても高値がつきやすいです。新品に近い状態であれば、定価の6割~7割ほどで買取をしてくれます。キャリーバッグの買取では「状態」がとても重要視されるので、なるべく良い状態を保つことが大切です。

〇Samsonite(サムソナイト)
アメリカ発祥のカバン・スーツケースブランドです。サムソナイトのキャリーバッグは、衝撃吸収加工やパソコンを収納することのできる専用のポケットなどがついていたりと、高価買取に繋がる理由になります。

〇RIMOWA(リモワ)
芸能人や海外セレブにも使っている方が多い、人気のブランドです。5年間の保証があり、期間内は修理サービスを受けることができます。多少の傷があっても修理を受けることができるので、リモワのキャリーバッグも高価買取をしてくれる可能性が高いです。

高価買取をしてもらうには

キャリーバッグはいらなくなったといえ、せっかくなら高く買い取ってもらいたいですよね。高価買取をしてもらうポイントをご紹介します。

〇汚れを落とす
やはり、外側のボディに汚れがあると、どうしても高価買取にはつながりません。また、キャスターの部分の汚れも、水洗いをしたうえでしっかり乾かしましょう。無理に汚れを落とそうとして、かえって汚れが広がってしまう場合もあるので、無理にはしないようにしましょう。

〇付属品も忘れずに
購入時の付属品を一緒に査定に出しましょう。購入した際についてきた、保存袋や箱などが揃っていると、査定金額がアップします。

〇買取ショップを比較する
できるだけ高額で売りたい場合は、何店舗かを比較してみるのもおすすめです。査定金額を出してもらった上で、一番高い業者を知ることができます。店舗によっては、キャンセル料がかかる場合があるので、そこはしっかり調べたうえで比較してみましょう。

まとめ

今回はキャリーバッグの買取についてご紹介してきました。
近所に買取ショップがないというかたは、出張サービスなどもあるので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

-バッグ・サイフ買取のコツ

  • aside_img01
  • aside_img02
  • aside_img03
  • aside_img04

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

お手持ちのブランド品を眠らせたままタンスの肥やしになっていませんか?
そのようなブランド品を人気買取店を上手に利用して少しでも高く買い取ってもらいましょう。

ブランド買取のコツ

バッグ・サイフ買取のコツ

時計買取のコツ

アクセサリー買取のコツ

top_scroll